ホーム

スクーバ容器の取扱いについて

スクーバ容器の取扱いについて

スクーバ容器及びバルブは、 高圧ガス保安法、 容器安全規則の基準により製造されています。
スクーバ容器内は高圧に圧縮された空気が充填されており、 安全の為に、 正しく取り扱われ
なくてはなりません。 劣化しているタンクは破裂等のリスクがあり、 ダイバーの生命に関わる事故
につながる可能性があります。 また、 サビ等で内部が腐食しているタンクで呼吸をした場合に
は、 健康上の問題も懸念されます。
ご使用前には以下の7項目を必ずチェックし、 該当する容器のご使用はお止めください。

  1. タンク外側がサビていないか
  2. タンク外側のタンクブーツ接触部が帯状に錆びていないか
  3. タンクの外側に大きなキズやへこみがないか
  4. タンクの検査期限が切れていないか
  5. アルミタンクについては毎年のネジ部目視検査がなされているか
  6. バルブのハンドルが軽く回り、不自然な動きをしないか
  7. バルブのOリングに劣化や変形がないか

20160704174626.jpg

タンクについての詳細は、下記ダイビング高圧ガス安全協会のホームページにてご確認ください。

http://diving-gas.org/reference/1502well-known_example.pdf