「訪日外国人等に対する体験ダイビング及びスノーケリングの提供に関するガイドライン」が公表されました

観光庁より、「訪日外国人等に対する体験ダイビング及びスノーケリングの提供に関するガイドライン」が公表されました。

訪日外国人旅行者の受入れに向けた統一的な指針策定のため、スクーバダイビング及びスノーケリングの関連団体、観光関連の団体、関係省庁等からなる「自然体験アクティビティのガイドライン形成に係る検討会」が昨年12月から本年2月まで計3回開催され、当協会も参加。検討会での議論を踏まえ、訪日外国人にスクーバダイビング及びスノーケリングに関するサービスを提供する者(サービス提供事業者)を対象に、サービス提供事業者の業務プロセスに沿った構成で、「訪日外国人等に対する体験ダイビング及びスノーケリングの提供に関するガイドライン」が策定されました。

訪日外国人等に対する体験ダイビング及びスノーケリングの提供に関するガイドライン

このガイドラインは、訪日外国人旅行者の多くが水中アクティビティの初心者であること、及び初心者は安全性確保等に関する知識を十分に有していないことから、スクーバダイビングについては体験ダイビングを、スノーケリングについては指導団体が定めたプログラムを提供するコースを対象範囲としています。